NEWS

【開店1周年イベント”ワイン飲み比べ対決” 結果報告!】

12月13日(水)、当店の開店1周年記念イベントとして、ピノ・ノワールの最高峰ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の最新ヴィンテージ2014「ECHEZEAUX(エシェゾー)」(フランス)と、今年日本初上陸の超新星ワイン「カントル/ピノ・ノワール」(チリ)の飲み比べイベント(コース料理付き)を行いました。

以下、”飲み比べ対決”の結果を発表いたします!!

飲み比べ対決の審査は、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社のワインを含む高級ワインを数多く飲み比べてきたワイン歴30年以上の猛者や、日本ソムリエ協会の有資格者、自宅のワインセラーには「ロマネ・コンティ」をはじめ超高級ワインが多数保管され、普段から高品質なワインを飲み込んでいらっしゃる林家たま平さんほか、非常にワインに精通した愛好家の皆さんによって行われました。

ワインの中身が見えない、真っ黒の”ブラインドテイスティング用グラス”を使用し、テイスティング中の参加者(=審査員)の会話は厳禁とする完全な「ガチンコ対決」。
2つのグラスにロマネ・コンティ社「エシェゾー」と「カントル/ピノ・ノワール」を各10mlずつ注いだものと、マリアージュ確認用の料理として「塩焼きの鶏」を用意した上で、
・香り
・味
・鶏とのマリアージュ
・普段飲みにしたいワイン
の4項目についてどちらを評価するか、コメントも合わせて無記名でチェックシートに記入する形式で、回答頂きました。

まず、各ワインの香りと味に関して、
ロマネ・コンティ社「エシェゾー」
・新樽、ロースト香、最初土や獣のニュアンスが開くにつれてバラの香りや豊かな果実味が表れる、口中に香りが広がる
・重厚感のある深い味、凝縮感がある、華やかで複雑味がある、樽に負けない果実味、エレガント、長い余韻
「カントル/ピノ・ノワール」
・プラム、紫蘇、イチゴ、小さな赤い果実、果実の酸をはっきり感じられる香りと味わい
・タンニン弱め、甘く熟した果実、酸が綺麗で美味しい、シナモンのような細やかなスパイス、一日の飲み始めに口にしたい
とそれぞれのワインに対する的確な評価をいただいたと思います。

次に、”鶏とのマリアージュ対決”は、
ロマネ・コンティ社「エシェゾー」
・ワインの主張が強く、鶏の塩焼きでは物足りない、合わない
・牛肉が合う
「カントル/ピノ・ノワール」
・素直にフィットする、鶏の味に寄り添う
・さっぱりした塩焼きの鶏に、とても良く合う
・鶏の脂をさらりと流してくれる
と、「カントル/ピノ・ノワール」を支持するコメントが多数を占め、

最後の”普段飲みにしたいワイン対決”も、
ロマネ・コンティ社「エシェゾー」
・特別な日に特別な料理や特別な人と飲みたい
「カントル/ピノ・ノワール」
・食事と合わせやすく、飲みごたえもあり、とても楽しく飲める
と、「カントル/ピノ・ノワール」を支持する意見が多数を占めました。

完全ガチンコの飲み比べ対決、「圧倒的大差でロマネ・コンティ社「エシェゾー」が支持され、場が白けてしまうのではないか。。」などと、企画しておきながら心配もしていたのですが、「カントル/ピノ・ノワール」が非常に健闘、”鶏とのマリアージュ”や”普段飲みにしたいワイン”の点では圧倒的勝利を収めるなど、なかなか興味深い結果となりました。

ちなみに、今回高く評価された「カントル/ピノ・ノワール」、
ワインワークス南青山では、グラスで提供しております。
まだお飲みになったことのない方は、ぜひお試しにいらしてください!!

10ヶ月前